読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年ぎっくり腰テニスプレイヤー、シングルスはじめました

土曜の夜にテニスのシングルスをはじめました!ぎっくり腰をわずらいながらも奮闘しています。

女子に学べ!!打つべき場所を考えて楽にポイントをとれ!!

テニススクール・レッスン

先週あたりからレッスンある、夜の時間帯でも暖かくなってきました。

そのためか、参加人数も増え、

1レッスン最大の6人(コーチ含む7人)でのプレーとなりました。

 

レッスンには女性も混じっています。

 

客観的にみて、やはり女性よりも男性の方がパワーではまさります。

 

象徴的なプレーが今回のレッスンでありました。

プレー的には、

女性対男性の1対1。

男性の打ったボールが、比較的緩めに女性のコートのネット近くに返球されてきた。

女性は”強打”でなく、相手コートのネット際に軽く返して、ポイントを取った。

・・という流れでした。

 

その女性の方が、プレー後こんなことをつぶやきました。

「だって、パワーじゃかてないんだもん・・・」

 

テニスにおいて、”ポイントを取る”ということは、

”相手がボールを打ち返せないようにする”ということ。

 

どれだけいいボールを打ってとしても、

それが自分のコートに返って来たとしたら、

ポイントにはなりません。

 

逆に言えば、どんなにゆるいボールを打っても、

それが自分のコートに返ってこなければ、ポイントになります。

 

ハードヒットして、相手が打ち返せないような、

すごい威力のボールを打ってポイントにする方法もあれば、

相手が取れない、または取りづらいところに打って、

ポイントにする方法も考えられるということです。

 

自分のスタイルでは、前者を押し通していくだけのパワーがありません。

 

なので、自分がポイントをとれる確率を上げるには、

後者を選ぶ方が賢明と考えます。

 

しかし、常に相手が追いつけない場所にボールを打つことは、

ほぼ不可能でしょう。

 

ラリーを続けていく中で、いわゆるオープンコートをつくり、

そこにボールを打ち込んでいくスタイルを目指したいところです。