読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年ぎっくり腰テニスプレイヤー、シングルスはじめました

土曜の夜にテニスのシングルスをはじめました!ぎっくり腰をわずらいながらも奮闘しています。

2回目行ってきた!ダンロップスイングラボ! その2

スイングラボ ラケット・ウェア・テニスグッズ

さて、やっと”ラボ”がはじまります。

 

昨年同様、まずはカウンセリングから。

どういった方向性のラケットを欲しているのか・・

ということです。

 

私の場合は、昨年コントロールとスピン重視でお願いしました。

今回はスピンというよりも、もっと”飛び”のよいラケットが欲しいということで、

その旨を伝えました。

 

現在使用しているバボラのピュアドライブは、

その名の通り、ドライブ(スピン)のかかりやすいラケット。

スピン重視であるならば、このラケットで良かったのです。

(当然といえば当然ですね。)

 

ということで、飛びの良いラケットで、

自分にあうものを探してもらいます。

 

といってもラインナップはバボラとスリクソン

ダンロップの取り扱っているブランドのみです。

前回チラ見くらいしかしませんでしたが、今回はガン見してきました!

種類的には20本くらいはあったかと思います。

詳細に何があったかまでは・・ごめんなさい。。。

 

 

さて、計測用のラケットセンサーをつけて、始まりです。

 

まずは自分のラケットで10球程度、

飛んでくるボールを打ち返す練習タイム

 

マシンなので、最初の1~2球はうまく射出されないことも。

打ちづらい球は打たないでくださいと。

 

それが終わると、5球づつの計測が始まります。

 

まずは自分のラケット。

 

そして、”基準のラケット”と呼ばれる真っ黒なラケットで5球。

(この基準のラケットの正体は不明です)

 

そのあと、3本のラケットを薦められるがままに5球づづ。

今回はこの3本すべて、スリクソンでした。

 

 なお、以下”バボラ”という記述は現在使用しているラケットの、

バボラ ピュアドライブチーム 285gの事を指します。

 

1本目:RevoCX2.0 LS

2015年モデルで、昨年ラボに行った時にもあったような、

そして打ったような記憶があります。

 

感想:

やや重め。(実重量290g)

フェース面98inchなので、100inchのバボラのものよりは小さめ。

ボールの飛びはバボラよりも楽に飛んでいく感じ。

第一印象はそこそこかな・・という感じ。

赤い色が鮮やか!

 

2本目:RevoCZ 100S

 こちらも2015年発売モデル。でも昨年はなかったような。

 

感想:

グリップを握った瞬間に”おおっ”というくらいしっくりきました。

重量280gは、バボラよりも5g軽い。

持った感じでも重いということはない。

フェース100inchはバボラと一緒。

ただ、見た目はでは少し小さいかな、という印象を受ける。

楽に振れて、ボールの飛びも良い。

コントロールも問題なし。

かなりいい手ごたえを感じました。

 つや消しっぽいブラック!かっこいい!

 

3本目:RevoCZ98D

 2015年発売モデル。CZ100Sと姉妹モデル的な感じ。

違いは 100S→ドライブ・スピン

     98D→フラット・ドライブ

100Sの方がよりボールに回転がかかるということ。

 

感想:

グリップを握ったときの感触は100Sを握った時と同じ感じ。

重量285gと、5gの差があるため、

ほんの気持ち、重いかな・・と感じられる。

ただ、バボラと重量は一緒。

フェース98inch。やや小さく感じられる。

楽に振れて、ボールの飛びも良い。スピードも上がったように感じられる。

ただ、スピンはそんなにかかっていない感じを受ける。

同じくブラック。自分的には100Sの配色の方が好きかな。

 

以上が自分の試したラケットと、

その感想です。

 

ちなみに、ラケットの詳細なスペックは後日自分で調べたもの。

当日は、スタッフが選んでくれたものをただ順番に打っていくだけです。

 

計測を終えると、スタッフの丁寧な解説があります。

ラケットの性格やなんかは、

解説時に教えてもらえます。

 

それはまた次回。

その3へ 続く。。。

 

 

gikkuritennis.hatenablog.com

 

 

gikkuritennis.hatenablog.com