中年ぎっくり腰テニスプレイヤー、シングルスはじめました

土曜の夜にテニスのシングルスをはじめました!ぎっくり腰をわずらいながらも奮闘しています。

ガット張り替えました!今回は、ついに!X-ONE バイフェイズ!!

先日行われた区民大会。

やはり、ラケット1本では心もとないということで、

2本目を購入。

(過去記事こちら↓ )

gikkuritennis.hatenablog.com

 

 ここしばらくは2本目のラケットを使用していたのですが、

1本目のラケットのガットが耐久的に怪しくなっていたため、

大会前に張り替えることにしました。

(やはり過去記事 ↓)

gikkuritennis.hatenablog.com

上記の記事で紹介したX-oneバイフェイズ

こちらのガットの売り込みは、

ソフトなフィーリングとコントロールの良さ

自分にとっては、願ったりかなったりのガットのようです。

 

というわけで、以前から気になってしょうがなかったので、

今回思い切って張り替えることにしました。

 

なぜ”思い切って”なのかというと・・

張り代込みの価格で¥5000以上します。。。

高いです。。。。

 

 

いつもなら、通っているテニススクールにガット張りをお願いするのですが、

前回・前々回と張り替えたときに、間違いがあって・・・

2回連続でですよ。。

 

やはりちょっと気が引けたのと、

スクールではクレジット払いができないということで、

今回初めてウィンザーにて張り替えをお願いしました。

 

スクールでは張り替えにかかる時間は最短でも4日位の事が多いのですが、

ウィンザーでは即日張り替え、即日渡しもできるとのこと。

 

持ち込んだ時間が夕方だったため、

翌日仕上がりのお願いで、ラケットを預けました。

 

そして仕上がってきたラケットがこちら。

X-oneには”太さ”が1.18mm・1.24mm・1.30mmの3種類あります。

 

大雑把に言えば、

細ければスピンのかかりと飛びが良くなって、

太ければ耐久性が増すということになります。

 

今回は中間の1.24mmにしました。

 

テンションは47ポンド。

2本目のラケットが45ポンドだったので、

少し上げて様子を見ることに。

 

上下に飾り糸なる赤いステッチを入れてもらいました。

 

これはウィンザーでは無料のサービスで、

ステッチを入れるか、振動止め(よくある丸いやつ)かが選べます。

 

振動止めはキモニーのやつがあるので、

ステッチにしてもらいました。

ちょっとしたサービスで、いいですね。

 

 

さて、使用感ですが、

 

う~~ん。

 

2本目のラケットのガット(無料で張ってもらったSGX)の方がやわらかい感がありました。

テンションが同じではないので、単純に比較することはできませんが、

やわらか感だけで言うと、SGXの方が上かと。

 

コントロールについては問題なく。

スピンについては、少しかかりにくいかなと。

もちろんかかってはいると思いますが、

自分のスイングレベルだと大したことがありません。。。

しかも、かけようとすると前に飛んでいかないし・・

 

まだ、一週間程度しか使用していませんが、

格子状の部分がグチャグチャになってくる感じはありません。

SGXはこれが気になってしょうがないのですが。。

 

悪い感じはしないので、しばらく使用して、

慣れてくれば問題ないかと思います。

テンションも次回は45ポンドにしてみるのもありですね。

 

ま、ちょっと高いので、”次”はいつになるやら・・・ですが。