中年ぎっくり腰テニスプレイヤー、シングルスはじめました

土曜の夜にテニスのシングルスをはじめました!ぎっくり腰をわずらいながらも奮闘しています。

半年ぶりのオートテニスで思ったこと。

ゴールデンウィークに初めて行ったオートテニス。

半年ぶりにやれる機会が訪れました。

 

 

コートは2面あるのですが、なんと1つは機械が故障していて、利用できません。

 

 

自分が行った時間はたまたま誰もいなかったので、さっそくもう一つのコートに入りました。

 

2回目という事で、機械の使い方とか、コインを投入してからボールが出てくるまでの時間とか、なんとなく覚えていたのでそこは前回よりも安心して出来ました。

 

前回よりちょっとスピードを上げて挑戦です。

設定はこんな感じ。

 

前回のスピードは”4”だったと思うので、”5.5”はやはり速い感じがしました。

タイミングが合わなくて、結構振り遅れたりして。

力的にも押される感じで。

 

スピンもドライブフラットでは随分違いを感じました。

フラットだとドライブより跳ねないので、より腰を沈めて打たないといけません。

これ、スライスにするともっと低くなるんですよね・・・・

今回はスライス設定では打っていないため、どんな感じになるのかは体感できていませんが。

 

 

ちなみにシューズはオールコートのを自宅から履いていきましたが、ラケットは試打用のものが置いてあるのでその中からちょっとお借りして。

今回はウィルソンのクラッシュ100。

 

見てわかるように、ガットがだいたいぐちゃぐちゃになっている(と思う)ので、使用前にきちんと直しておいた方が良いかと思います。

グリップテープは擦り切れてなくて、好感を持ちました。

 

ラケット自体の重さもいつも使っているものよりちょっと重めなので、それが振り遅れる原因の一つだったかもしれませんね。

でも、思ったより使いやすかったです。

 

 

この施設はアイススケートとボーリング場とテニスコートの複合施設で、アイススケートのついでにちょっと寄らせてもらう感じがちょうどいいんですよね。

ただ、土日は早朝の時間しか使えないので、月曜が祝日の日を狙っていくしかありません。

 

1回300円で、30球くらいでしょうか。

もうちょっと球数増やしてほしいところです。

 

それと故障中の機械、速く直して欲しい!

途中でファミリーらしき人たちが来てしまったので、もう1コートあれば気兼ねなく、あと1~2回出来たのに。 

gikkuritennis.hatenablog.com

サーブの時気を付けるべき”3カ条”。これが出来ていれば、入れることは出来る。

先週のレッスンで、サーブがぼろくそでした。

 

なんでか・・は、すぐにわかりました。

 

レッスンに行く直前に全日本バレーボール男子の試合を観ていて、”このサーブってテニスにも応用できるのでは?”みたいなことを思っちゃったために、サーブ練習中ちょっとまねして打ってみたら結局ぐちゃぐちゃになって、そこから戻すことが出来なくなって。

よく考えるまでもなく、バレーボールのサーブとテニスのサーブでは随分と違いがありますよね。

バレーだと体は正面で、トスはかなり前方へ。それを前に押し出す感じで振る。もちろんラケットなんか持ってないですし。

そんなことやってるから・・・戻す力もないのに。。。

 

そしてサーブが入らなくなって焦り、”入れていこう”意識が強くなりすぎて、姿勢が崩れる

入るわけがない、です。

 

姿勢がダメな時、自分の場合は前のめりになっていることが多いです。

焦っていることが行動に如実に出てしまっているのですな。。。。

 

 

という事で今回のレッスンでは、いつも通り、サーブ時に気を付けること3か条をしっかりと頭に叩き込んでいきました。

 

ちなみに自分がサーブの時気を配っている3か条とは、

 

1・姿勢を出来る限りまっすぐ”美しく”保つ。

2・つま先を打ちたい方向にまっすぐ向ける。

3・自分が振りやすい速度でスイングする。

 

この3つです。

ですが練習中に入らなくなると、このことをすぐに忘れてしまいます。。。。

 

即座に思い出して実践すればいいのでしょうが、思い出したとしても体がなかなか反応してくれないのですよね・・・

なので、最初から念じていくようにしています。

 

ちなみにこれはセカンドサーブの場合です。

ファーストサーブに関しては、もっとスピードを上げたりスライスをかけたり、いろいろと細工をします。

ま、そういうことするからサーブ自体が入らなくなって、焦ってくるんですけどね・・・

 

ただし、きちんと3か条を念じながら臨めば、だいたいはサービスコートの範囲内に収まってくれます。

あとはメンタル問題。

”入る”っていう自信が、ますます入るサーブを確実なものにしてくれます。

 

その日の調子にもよりますが、毎回念じてからレッスンに行くべきですね。

 

gikkuritennis.hatenablog.com 

gikkuritennis.hatenablog.com

gikkuritennis.hatenablog.com

 

シングルスからダブルスのクラスに戻ってみたが、いいこともあった。

今月からダブルスのクラスに戻りました。

 

本来ならばシングルスのクラスでテニスしたいところですが、戻ったことでいい事もありました。

 

 

自分はスクールのいわゆる”中級クラス”でやらせてもらっているのですが、同じ”中級クラス”でも、各時間帯のクラスごとにいろいろなレベルとタイプがある、と感じます。

コーチと受講するメンバーがそれぞれ異なっているためです。

 

レベルに関しては中級といっても、まさに初中級から上がってきたばかりの人と、もうすぐ中上級に上がるような人まで一緒くたになっているわけです。

それが、自然とクラスごとに”ちょっと初中級寄り”だったり、”ちょっと中上級寄り”だったりもします。

これは1・2回そのクラスを受けてみないことにはわからないです。

 

タイプに関しては若手のビシバシ打ちましょう的なコーチには、ブンブン振ってくるようなボールのスピード重視な人たちが集まりますし、余裕をもって振ってコース狙ったり、足元にボールを沈めていったりというテクニカルなタイプのコーチには、スピードより回転とコントロールを習得したい人が集まってくる・・といった感じで。

 

シングルスのクラスはだいたいどのクラスでも、”バシバシ”打ってくるタイプで、”ちょっと中上級寄り”な人たちが多いと感じます。

 

 

そんなわけで最近のシングルスのクラスでは、自分の実力的に正直ちょっとついていけてない感がありました。

 

たしかに、速いボールを打てるのは魅力ですね。

間違いなく打ち返しづらい。

これが、今の自分にはないのです。

 

バチコンバチコン打てないんですよね。。。。

自分では振っているつもりでも、ボールがそんなに速くないのです。。。

 

といいうことで、いったんリセットするにはちょうどいい時期だったのかもしれません。

 

戻った日曜の早朝クラス。

コーチは昔在籍していたときと同じベテランコーチなので、先ほどのどちらのタイプにも対応してくれますし、レベル的にも自分と同じくらいのひとたちが多いです。

ビシバシ打ってくる人もたまにはいますが。

 

なんといっても、勝手知ったるメンバーと”楽しく”テニスができる!

これがでかいです。

 

この3~4カ月の間、テニスが楽しくなかった。

これが最もつらいところでした。。。。

 

季節的にこれから寒くなってくるので、早朝のレッスンはちょっとしんどい時もありますが、ギックリ持ちとしては今まで以上に体のメンテナンスに気をつけなければなりませんね。

 

gikkuritennis.hatenablog.com 

gikkuritennis.hatenablog.com