中年ぎっくり腰テニスプレイヤー、シングルスはじめました

土曜の夜にテニスのシングルスをはじめました!ぎっくり腰をわずらいながらも奮闘しています。

自分に合ったコーチを選ぶ。ベテランコーチのレッスンを受けるメリット。

今年は連日、暑い日が続いていますが、

だからといってテニスのレッスンが休みになることはありません。

熱中症には厳重な対策が必要です。

 

以前は、真夏でも昼間の時間帯のレッスンを受けていました。

思い返せば、体験レッスンを受けに行った時も、真夏の昼間でした・・

軽く熱中症になった記憶があります。

 

gikkuritennis.hatenablog.com

  

最近は夕方~夜、または早朝のレッスンを受ける方向へとシフトしているので、昼間のレッスンを受けることはあまりありません。

 

先日も夕方のレッスンを受けました。

 

そのクラスは比較的若いコーチが担当しています。

なので、そのクラスに集まるメンバーもどちらかというと若い人、ということに。

コーチの指導方針的にも”ガンガン行きましょう”的なタイプ。

つまり、レッスンのレベルが、自分にとってはハードなのです。

 

今回のレッスンでは若い人ばかりではなかったのと、人数が多かったので、以前にそのクラスに行った時よりはましでしたが、それでもレギュラーで行っているクラスよりはハードです。

熱中症にならないためには、常に自分でセーブしてラインを引いておかなければなりません。

 

これが、ベテランのコーチになるとレッスンに来ている人のデータ(能力?)をだいたい知っているので、休憩時間もレッスン内容もうまい事コーチの方で調整してくれます。要するに余計な気をつかわずにテニスできます。

 

それから、自分の欲している”ツボ”を知っているので、調子が良くてハードに動きたいときはハードに、体が危険な時はソフトに・・といったリクエストにもすぐに柔軟に対応してくれます。そしてそのようなことをコーチに直接言ってなくてもそれに気づくのがはやい。

もちろん、これはコーチとコミュニケーションがうまくとれている場合の話ですが。

 

 そう考えると、うまくコミュニケーションが取れていれば若いコーチであろうとベテランであろうと、関係ないのかもしれませんね。

自分にあったコーチがみつかれば、相当ラッキー!!です。

コーチからサービスエース!サーブを打つ前の思考を箇条書きしてみた。

夏本番の暑さ。。。。。

夜になってもその熱気はなかなか冷めなくなってきました。

 

ただ、冬とは違い、熱中症に気を付けていれば、

夏の方が体の動きはいいのです。

 

 

先週、今週とコーチからサービスエースを1本づつ取りました!

 

もちろん、コーチ的には適度に手加減してくれてはいるのでしょうが。。。

 

それでもそこそこいいサーブでないとエースにはならないです。

 

腰・背中から肩にかけて、いわゆる”爆弾”を抱えている身としては無茶は出来ないけれど、ここで1本いっときたい!というときにはがっつり打つことにしました。

特にコーチ相手だと、せめてサーブから攻撃していかないと、なかなかミスしてはくれませんから・・・

 

あまりバカバカ打ちすぎるとすぐに肩を壊す恐れがあるため、体との相談ということになります。

基本、フラットとスライスの2種類のサーブ(スピンは苦手なため)ということになるのですが、打ち分けてみています。もっと確実性が上がれば言うことないんですけどね。。。

 

それでもサーブの調子は上がってきているようで。

 

今までサーブを打つ時に気を付けることを個別にいろいろと考えてきました。

それを体系化し、どういう思考を踏んで打っていくのかを分析してみた所、こういった感じになるようです。

 

①体の具合(肩・腰・背中・太ももの違和感など)

②狙う方向とサーブの種類

③リラックス

④ボールとラケットの当たり方

 

この4点のみに集中できているときはやはり調子がいい。

ここに雑念が入ってくると入らなくなって、サーブ入らない病になります。。

 

体の具合が悪い時は別の話ですが、それ以外の場合でのこの”病気”は、”入れていこう”という雑念が余計入らなくさせている・・・という考えに至りました。

なので、このサーブ入らない病、発症した場合はとにかく、めいっぱい何球か打つ!

入らないのを承知で、あきらめて何球か打つ。それでもダメな場合は・・ま、しょうがないですね。。。。

 

いろいろと考えてきたことを書き出してみると、やるべきことがよりはっきりとしますね。このブログも書いててよかったなと思います。

これからますます暑くなってくるので、熱中症には気を付けて楽しくテニス!!!




デュオフィール。その後の使用感。 - ハイブリッドガット -

ハイブリッドのガットにして、一月ちょっと経ちました。

打感は柔らかくて悪くはない・・のですが、

もう一本持っているラケット、

エレメントだけで張ってある方とも使用感を比べてみました。

 

う~~ん。

 

どうやらエレメントだけの方が、より柔らかタッチのような・・・

 

 

久しぶりにハイブリッドにしてみた為に、自分、舞い上がっていました。

冷静に考えてみると、デュオフィールよりもエレメントの方が値段的に高い。。。

 

エレメントもデュオフィールも、テンションは同じ45ポンド。

前回の関連記事では最も低く張ってもらったと書きましたが、間違っていたようです。

同じでした。

 

今回の感想としては、エレメントのみのガットを張ったラケットを持っているなら、わざわざハイブリッド(デュオフィール)にすることも無し、、、といった感じです。

 

ただ逆に、頻繁にガットを張り替えるならば、コスパのいいデュオフィールで十分ではないでしょうか。

 

 新しいガットに張り替えるとワクワクします。

次のガットは何にしようかな・・・・・。

 

gikkuritennis.hatenablog.com

 

 

gikkuritennis.hatenablog.com

 このガット、好きです!!

f:id:gikkuritennis:20180629184629j:plain